Nゲージ ヨ8000

KATOのヨ8000(右)とTOMIXのヨ8000(左)で、手持ちのC11形蒸気機関車(カニ目ではありませんが…)や14系客車と連結してSL大樹もどきでもやろうかと思い、どちらも最近中古で手に入れたものです。

KATOのほうは現行品と比べて大きな違いはないと思われますが品番822の頃の古いモデルです。カプラーは入手時にはすでにナックルタイプのものに交換されていました。

TOMIXのほうは窓付きの紙箱に入った品番2750で(おそらく)2世代目となるモデルです。テールライトの構造や窓枠の表現など現行品とは違いがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください