Nゲージ KATO 西武鉄道E851とワフ101

KATO 西武鉄道E851と西武鉄道ワフ101です。このE851、じつは現役時代にはあまり興味がなかったのですが、よく見るとけっこうカッコ良いんですよね。

KATOのE851とワフ101はタキ1900とテキ401を含めたセメント列車セットも販売されていますが、これは単品売り(ワフ101は2両セット)のほうを新品で購入したものです。

KATO 西武鉄道E851(13001-3)
E853・E854をプロトタイプとした晩年期の姿を再現したモデルです。解放テコやテールライト横の手摺りは別パーツになっているのですが、かなり細いのでランナーから切り離すときに注意が必要です。カプラーはナックルカプラーに交換し、車番はE853を付けてあります。


KATO 西武鉄道ワフ101(8043)
こちらは2両セットになっていて車番はワフ105とワフ106となっていますが、写真はワフ106のほうです。デッキ側のみテールライトが点灯するようになっています。カプラーはE851にあわせてナックルカプラーに交換しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください