割印と契印と割印

割印と契印と割印

この歳になって、契印なんていう言葉を初めて認識しました。

お恥ずかしい話です。

 

契印の押し方講座

契印とは、複数枚にわたる契約書に押され、それらがすべて1通の文書であること、一定の順序で綴じられていることを示すものです。

割印は契印と似た役割を持ち、複数枚の契約書に押されるものです。

さて、分かりますかね?

文書で。

 

私個人は、今までどちらも割印という言葉を使っていました。

 

それに契印って、

契約書がホッチキス等で固定されている場合

見開きのつなぎ目部分に、両ページにまたがるように押印します。必ず全ページに押し、漏れのないようにしてください。万が一押し忘れがあった場合、あとから付け足された、改ざんされたページと見なされてしまいます。

 

これが基本だと思っていますが、とある国家機関では、紙を半分に折って、それで次のページとの間に割印を押すのです。

色々あるもんです。

なんだかなあ。