カテゴリー
時事

奨学金-貧困-風俗、馬鹿言ってるんじゃないよ。

最近、奨学金の存在に対して、あたかも批判しているような報道が増えているような気がする。

その一例としてあるのが「奨学金を借りて、大学まで出たけど、返済できなくて、女性の場合は風俗で働いて返済している」的な話だ。

272384810-1448837576_l-min

馬鹿なんじゃないだろうかと思う。

なんだかなあ。

 

現実の世界で、お金があるかないかは大きな違いであり、お金がないから機会を与えられないなんてことは、ざらにある話だ。

教育については、別だ!機会を均等に与えるべきだ!なんていう人がいるなら、いっそのこと日本を共産主義国家にするか、授業料なんてなくしてしまえと言った方がまだましだ。

maxresdefault-min

当たり前の話だが、国立に行くか、私立に行くかで、学費は大きく変わってくる。

大学の場合、学部によっても大きく違い、医大や行くか、教育学部へ行くかで、大きく違う。

これはもう当たり前のことだ。

だから、貧乏人でもお金がなくても、誰でも、借金を背負わせることなく、どんな大学にでも行けるようにすべきだなんていうのであれば、それこそ共産主義国家だ。

もうこの1点を取っただけでも、奨学金が悪いかのような印象を与える報道は根本から間違っている。

他にも挙げて行けばきりがない。

 

①そもそも論、お金を借りるんだ。

そもそもお金を借りるんだ。返すのは当たり前。これがなぜ、教育が絡むと悪になってしまうのか意味が分からない。

借りるんだから、どれくらい借りて、返済はどのようになっているのか、認識すべきである。

大学を例にとれば、大学入学時の年齢は18歳。

選挙権をあげようというような年齢で、しかも人様からお金を借りるのに、返すときのことまで考えていないこと自体、頭が悪すぎる。

親は何をしてるんだ。本人は何を考えてるんだ。

そういったことを考えられない人に貸すことになんの意味があるんだ。

そもそも、教育を受けたいんだろ、勉強したいんだろ、頭動くようにするんだろ。

そういう人が、お金を借りる意味も分からず、大学に入ってどうするんだ。

なんだかなあ。

95a1aa88b073690089c38e6672ea5893-min

②奨学金って無利息とかあるし。

情報源: 第一種(無利息) – JASSO

日本学生支援機構の奨学金は第一種が無利息、第二種でも在学中は無利息、卒業後は3%だそうな。

なんだそりゃ。サラ金から借りたり、銀行から借りたりしている人と比べてみろよって言いたい。

そういうことを言うと、無利息なのは限られた一部の人だとか、利息が低くたって返さなきゃならないんだとか言う人がいるんだろうなあ。

なんだかなあ。

 

③貧困とか言うなよ。

奨学金もらって、大学に行って、卒業後返済に苦しんでいるから、貧困とか言うなよと思ってしまう。

そもそも論、小学・中学・高校へ行けなかったり、給食費さえ払えなくて困っているような人だっているはずだ。

軽々しく貧困とか言って欲しくない。

なんだかなあ。

 

④大学に行ったのに、返済できるような仕事や就職先がない。

ここにも、論理のすり替えがあると思う。

本当に返済できるような稼ぎのある仕事を探そうとしたのか。

まさか、大学を卒業してこんな仕事がしたいけど、その産業は就職難で、結局返せないとか訳の分からないことを言ってないだろうなあと思う。

どんな一流大学を出たって、就職できない人はいるわけだし、大学出たけど、一部上場企業に入社できないとか嘆く人はもういないと思うけど・・・・・

日本の求人倍率が1倍を下回っているなら、まあそういう論理も成り立つとは思うけど、求人の世界は常に需給ギャップが存在しており、特に若い世代の求人は、壮年・高年齢者に比較すれば、非常に就職しやすいのは、社会の常識だと思う。

なんだかなあ。

 

⑤風俗やブラック企業は仕事じゃないのか。

そう、ここもおかしな気がする。そもそも出発点が違うんだ。

自分の家庭は貧乏だったんだ。お金持ちの家に生まれてくればよかったってその通り。

それは現実だ。

だったら、風俗で稼いで何が悪いんだ。ブラック企業だっていいわけだし。

 

⑥返せなければ、自己破産すればいいじゃないか。

自分の家にはお金がない。奨学金を借りて大学へ行く。奨学金の意味も返済の意味も理解しない、頭の悪さ。

その程度の意味で大学に行き、卒業しても、なかなか良い職場がないなと返済できず、奨学金をもらって大学に行けば、なんとかなると思った・・・・・なんて馬鹿すぎませんか?

それに返せないんだったら、自己破産すればいい。

どうせ資産もないんだろうし。

自己破産して、いちからやり直せばいいと思う。

再三繰り返しますが、自分がお金を持っていないことをきちんと理解していないんだと思う。

 

以下は、頭に来るから八つ当たり。

 

情報源: 奨学金は罪なのか?返済の為に正社員から風俗嬢になった女性の生活がまるで“償い” – Spotlight (スポットライト)

(A)

大学を出れば、“人並みの未来”が開けると信じた
卒業後に務めた仕事では収入が足りない…
ミサトさんの返済額は500万円、大学卒業後に正社員として勤めた会社の給料は、手取り14万円。
奨学金の返済額に加えて、毎月の家賃、税金、生活費を払えば、彼女の手元にはわずかな金額しか残りません。

大学卒業後の月々返済額は、奨学金を申し込む段階で分かっているはずです。

大学卒業後の就職先の給与の手取りだって、おおむねシュミレーションできる時代です。

あほなのかと思ってしまいます。

いったいいくらの手取りの会社に就職するつもりだったんでしょうか?

 

(B)

借りたお金を返すのは当たり前だし仕方ない。(進学という)間違った選択をした自分がいけないのだから、誰のせいでもない。ただ1つだけ言っていいのなら、周りがもっと教えてくれていたらとは思う。そうすればこれだけ借金もしないで、大学に行こうとも思わなかった

これもあほすぎます。

親いたんでしょ。親も馬鹿。

自分も書類にサインしたでしょ。その際に返済額とか必ず書いてあったはずです。

書いて無ければ、それこそ問題ですが。

それなのに、周りがもっと教えてくれればって・・・・・

この程度で、大学に行けばなんとかなるなんて思う方に問題があるわけですし、むしろ貸す側の責任が問われるかもしれません。

hqdefault-min

となると容易に奨学金を貸しすぎるということが問題なのであって、奨学金制度の存在が悪いわけではないのです。

 

(C)

「風俗に頼って生きるしかない状況から早く抜け出したい」と切に願う彼女は、自分の選択は間違っていた、後悔していると言います。しかし、その選択をせざるをえなかった背景が彼女にはあったのですからやるせない話です。

これも嘘だと思います。

別に借金してまで、大学に絶対に行かなければならない理由なんて、とてもあったように思えません。

 

あ、別に、「情報源: 奨学金は罪なのか?返済の為に正社員から風俗嬢になった女性の生活がまるで“償い” – Spotlight (スポットライト)」このブログをディスっているわけではありませんからね。念のため。

 

 

 

まあ、所詮、マスコミはネタとしておもしろいから扱っているのでしょうけれど、奨学金制度があることが悪いかような印象を与える報道を辞めてほしいと心から思います。

本当にその人たちがかわいそうだと思うなら、今後はそのような人が出ないように、奨学金制度についての啓蒙活動を行うとか、お金を借りることについての意味をきちんと考えさせる教育をするような活動を支援するとか、考えてほしいものです。

まあ、無理でしょうけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です