臆病者のための億万長者入門

臆病者のための億万長者入門

著者の橘玲氏は、私の大好きな作家?さんである。

詳しくはネットを調べてもらいたいのだが、最初に出会ったのは、1999年発売のこの本だと思う。

jpeg

それから橘氏の小説処女作、

jpeg

これもご機嫌で読んだ覚えがある。

結局どれもこれも実際には使わなかったが、激裏的要素が強く、随分と知的好奇心をくすぐられたものだ。

その橘氏の最新作を書店で見かけた。

jpeg

すぐさま買ってしまった。(といっても、書店でみかけて、amazonで買ったのだが。)

結論からすれば、臆病者は普通預金が一番という、至極当たり前の話になるのだが、

宝くじは愚か者の税金

とか

金融資産は理不尽な買い物

とか、内容を見てもらえれば、分かるのだが、見出しだけ見ると、結構刺激的である。

で、この本を読んだのは、最近、株式投資に、復活したからなのだが、

損は得より3倍も苦痛

とか

暴落のリスクを確実に避ける方法は投資しないこと

とか、もう、兎に角にべもない。

もちろんそれだけではなく、現実的な対応策についても書いてあるのだが、それはあえてここでは書かないでおこう。

いずれにせよ、株式投資に必勝法なく所詮ギャンブルであることを、肝に再度命じることとしよう。

なんだかなあ。