カテゴリー
時事

地球温暖化と南極の氷

一般的に地球温暖化が進むと、南極の氷が溶けるという話がある。

579cfde9-s
南極の氷が溶けると、海水面が下がり、海抜の低い土地が海の中に沈むという話である。

その代表的ではツバルである。
p3

ところがネットでよくよく調べてみると、どうも話はそう簡単ではなさそうだ。

実際海面上昇は、約2ミリ程度.毎年進んでいるそうである。

しかし、あるサイトによれば、他にもアメリカによる基地建設や、その後の都市化による地盤沈下によって、水没しているという事実もあるようだ。

ツバルの嘘を暴く ブログdeなんで屋

スバルの水没の話がそうであるように、南極の氷の話も、ことはそう簡単ではないようだ。

南極の氷は増加している

e0a07b91dbf72076028b035467587819

南極の氷の総量は、30年前モニターし始めた人工衛星の観測によれば、記録的に多いとされているようです。

ところがこれも陸の氷は減少しており、しかし海の氷は増加しているという面白い状態のようです。

さらに複雑なのは、南極海の温度は年々上がっているようです。

それでは、南極海の温度が、年々上がっているのに、氷が増えているのは、何故でしょうか?

オゾン層や海洋循環の変化等が原因に挙げられているようですが、どれもいまいちはっきりしないようです。

話があっち行ったりこっち行ったりしていますが、何を言いたいかと言うと、結局のところ、地球温暖化についての、明確な答えは、出ていないということです。

科学的見地に立てば、まだよくわからないと、言うべきなのだと思います。

しかしながら、日本のサイト、例えば環境省のサイトを見ると、間違いなく地球は温暖化していると言うことに頭が切り替わってしまいます。

南極キッズ-温暖化

top_nankyoku_kids

このサイトを見れば、地球温暖化が進み、南極の氷が溶けてしまうのは間違いない、と思わざるを得ません。

なんだかなぁ。

なお地球温暖化に対する疑問の数々については、中部大学の武田邦彦先生の話によるところが大きいです。

url

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です