官公庁の防災意識の話

官公庁の防災意識の話

東京国税局へ行った時の話です。

 083b9cbe-min

まあなんで行ったかは、聞かないで下さい。(笑)

で、その時丁度地震がありました。

埼玉県南部を震源とする震度3の地震でした。

201609130315_top_img_a-min

東京国税局の建物は10階建てなんですが、ゆっくりと結構揺れました。

「ほお~、きっと免震装置かなんかついているんだろうなあ。」と思い感心していたら、話していた職員の人がおもしろい話をしていました。

あ、ちなみに東京国税局のビルって、出来立てのホヤホヤ、平成27年5月に出来たばっかりのようなので、まだ1年しかたっていないビルです。

 

「このビル震度7でも倒壊しないというふれこみになっていて、霞ヶ関の財務省の庁舎はかなり古いので、大規模地震が来たら、財務省はここに引越して来るんですって。」

「でも、そうしたら俺達はどうするんですかね。」

 

って知らないよ。私に聞かないでよと思いましたが。

なんだかなあ。

 

官公庁からしてこうですからね。

あれだけ日頃、防災だの、合同避難訓練だの言っておいて、そりゃないだろと思ってしまいました。

url

もっとも、私、防災意識ゼロなんですけどね。

 

子供の頃、家の前を流れている川が氾濫して、自宅が床上浸水までした時に、いざ避難だとなった時、庭で膝上まで水に浸かるのに楽しそうに遊んでいて、かなり真剣に親に怒られましたし。

topic1-min