【悲報】世界、もう滅茶苦茶

【悲報】世界、もう滅茶苦茶

タイトルが奮ってますよね。

このタイトルはパクリです。

情報源: 【悲報】世界、もう滅茶苦茶 | 2ちゃんねるスレッドまとめブログ – アルファルファモザイク(2017/09/28リンク切れ確認)

このタイトルが目に飛び込んできたのは、バングラデシュのテロ事件のあとに、トルコでクーデターがあり、そしてフランスでの事件があったからなのですが・・・・・

ん?トルコのクーデターとフランスの事件はどっちが先だ?

まあどっちでもいいんですが、実はフランスの事件について、私はとんちんかんなことを考えていました。

それは、

花火を見ているお客の集団にトラックが突っ込んで80人ひき殺した普通の交通事故

的な、あほな状況だと思ったのです。

完全な平和ボケですよね。

日本でもこの手の「事故」は起こっていますし、フランスのニースと言えば日本人も知っている有名観光地。

その上、花火大会と来れば、どんだけ人口密集してるんだかと思い、すごいなあと思っていたら・・・・・

情報源: 仏ニースでテロ死者84人 容疑者チュニジア国籍男 – 社会 : 日刊スポーツ

結局はテロだったわけですが・・・・・ (注釈:後段で追記しておりますが、今ではテロではないという話も・・・・・・)

なんだかなあ。

antoine-chauvel-nice-attack-france-7-min

それにしても、銃火器を使わずに、トラックだけでこれだけ殺すって、すごいですよね。

グラセフなんてもんじゃないですよね。

maxresdefault-min

ちょっとしたスプラッタゲームが出来てしまいそうです。

不謹慎ですか?

でも、ちょっと麻痺してきそうですよね。

世界中で、しかも先進国でもこのありさま。

 

そう、そう言えば、バングラデシュの事件でも、トルコのクーデターでも、フランスの事件でも、死者の姿をマスコミはほとんど流しませんよね。

きっと放送コードかなんかに抵触するからなんでしょうけれど・・・・・

事実は事実として、こういった出来事がいかに悲惨なのかを伝えるには、被害者遺族の悲しんでいるインタビューなんかより、余程効果があると思うのですが。

殺されている人の生々しい姿を見て、何も感じない人だったら、他に何を見せても、何を聞かせてもピントこないでしょうし。

人の死に対しての根源的な恐怖をもう少し身近に感じられるようにしておかないと、今に大変なことになるような気がします。

殴られたら痛い、血が出たら痛い、人が死ぬと悲しい、なんていう基本的なことが非日常的なので、だめな気がします。

ん?話がそれました?

なんだかなあ。

160714173753-01-nice-truck-deaths-overlay-tease-min

 

【後日談】

実はこの事件については、日本では報道がフェードアウトしちゃってますけど、一説によるとテロでもなんでもないという話も。

一時、犯人が発砲したという話もありましたが、結局、トラックだけでひき殺しだだけのようでもあります。

まあテロ組織との関与も、宗教色もない、地元のパンピーだったという話も出ております。

とすると、すごいですね、この殺し方は。