うちの子供が芸能プロダクションにひっかかりました(泣)

うちの子供が芸能プロダクションにひっかかりました(泣)

別に町でスカウトされたわけじゃないです。

まあ、伏線としては、町でスカウトされて、その気になっちゃって、そして、これに応募したのがきっかけのようですが・・・・・

名称未設定-1

で、子供は、一次面接、二次面接、オーディション?とかを通過して、合格したからやってみたいと・・・

夢があっていいですよね。

おまけに、うちの奥様は「自分の子供のころはなんでも反対されて、何もできなかった。だから子供にはやりたいことをやらせてあげたい」って。

おまけに「芸能人になれる可能性もあるから、うらやましい」ときたもんだ。

なんだかなあ。

夢を持つことは悪いとは言わないけど、「二兎を追うものは一兎をも得ず」なんて、最近は、だれも言わないのかな。

で、まあ、芸能界やプロダクションについて、何も知らない私ですが、そのまま放置しておくわけにはいかないので、ググってみました。

※いやあ、本当にいい時代になりました。簡単にわかりますからね。(もちろん文章読解力は必要にですが)

面白いのは、yahoo知恵袋にものすごい数の相談が寄せられていること。

YahooC3CEB7C3C2DE

親なんて、同じような悩みを持つものですね。

そして、その中で、面白かった(ためになった)のは、marisorutibaさんの回答。

試しに「エーライツ」「marisorutiba」で検索してみてください。

marisorutibaさん、曰く批判的な回答者とのことですが、そうでもないですよ。的を得た回答です。

分かったのは、

  1. エーライツは定期的に新人発掘をしている
  2. 新人発掘=金づる発掘である
  3. 事務所登録を餌に、アカデミー入学をさせ、入学金を得ている。
  4. アカデミーに入学して、めでたくデビューできる人は年間に数人
  5. それ以外の人は、2年目以降金づるとなるか、辞めていくか、どちらか。
  6. もちろんエキストラ等の確保にもアカデミーに在籍している人間が一定数いた方がよい。

ということです。

夢を食い物にしているともいえますし、夢を売っているともいえます。

いずれにせよ。よい商売ですね。

でもアカデミーの価格設定としては、比較的良心的で、安くもなく、高くもない設定で、うまくやっているようです。(もちろん払う側からすれば、たけえええええって思いますけど。)

まあ、親とすれば、ひどく食い物にされるわけでもなく、そういう面では、安心とは言えますが・・・・・金がああああああ。