いまだにネット神話が継続しているのか

  • 2014.10.16
  • PC
いまだにネット神話が継続しているのか

直接私に相談が来たわけではありませんが、人が相談を受けた件が、少し私のところにまわってきた話です。

280px-Kanoya_Montage_Beta

これでどこかわかるのは地元民だけだろう。ふふふ。

某地方県の人口10万人程度の地方都市、通り沿いに小さい時計店を出している店。

ちゃんとした自社ホームページを作りたいとか、そのホームページで販売をしたいとか・・・・・そんな話らしいけど。

imgres

別に悪いことじゃない。

facebookもやってるし、ヤフオクで出品もしていて、少しは売上に貢献しているし・・・・・結構ネット使いこなしていると思います。

でも、漠然とホームページを作って、何かを売っていきたい程度では、費用対効果はあわないですよ。

何が言いたいかというと、ホームページもインターネットもツールですから、まずどのように使いたいかということが先になるわけです。

いまだにそこのところが本末転倒というか主客逆転している人が、いっぱいいることに驚きを覚えます。

(※いっぱいいる=実は複数人から同じような相談が来た。)

ネットについて全く知らない人がそういうことを言うのではなく、ネットで販売をしている人が、そういうことをなんとなく考えることに驚きを覚えます。

なんだかなあ。

ネットを使えば、ホームページを作れば、ヤフオクに出品すれば、儲かるのであれば、苦労はしません。

そういうことが特定の誰かしかできない時代であれば、儲かったと思います。

俗にいう、ブルーオーシャンですね。

graph1_450px

でも、これだけネットやホームページやヤフオクが誰でも使えるツールになった現在となっては、それ(使えば儲かる)は幻想にすぎません。

本当、漠然と自社のホームページを作りたいという人がいることに、なんだかなあなわけです。