地役権って何さ

地役権って何さ

地役権(ちえきけん)とは、用益物権の一種で、設定行為で定めた目的に従い、他人の土地を自己の土地の便益に供する権利日本民法では280条以下に規定がある。

なんとなく、他人の土地を自分で使えるよっていう権利?なの?

よくわからん。

地役権の具体例

用水地役権(引水地役権)、通行地役権、眺望地役権(観望地役権)、送電線地役権、湧水池地役権、浸冠水地役権(遊水地地役権)

一番わかりやすいのは、通行地役権かな。

tiekikenn

他人の土地を自分が通行してもいいよっていう権利にるわけですね。

で、対抗要件として、登記が必要。

というのがネットでの説明。

たとえば、Aさんの私道の奥にBさんの家がありました。

20120513134755

Bさんは、もう長い間、何十年も、Aさんの私道を通って、家に入っています。

そしてある日突然Aさんが、自分の土地を通っているのだから、賃料(土地利用料、通行料)を払えといい、Bさんが拒否すると、Aさんは道を通れなくする・・・・なんてことはありません。

しかしながら、Bさんはなんらかの通行料を払えということになります。(通行料の相場は賃料の10%程度だそうです。)

私道の使用料2

Bさんがその道路を自費で作り、長期間にわたって使用している場合は、通行料を払わなくてもよい場合もあるそうですが・・・・

こうしたとき、事前に、双方で話し合い、地役権を登記しておけば、将来、争う必要がないということになりますね。

問09問題文

でも、あんまり、地役権を登記してある土地謄本は見たことがありませんね。

法律的には確立されていますが、どうも所有権・抵当権・賃借権に比べると一般的ではないのでしょう。

なんだかなあ。