wordpress初心者記録②

wordpress初心者記録②

実は、私、windowsマシンの横に、imacを置いています。
OSは10.6.8だし、imac7.1 (つまり2007年モデル)なので、かなり老朽機ですが、音楽やメール等の専用機と化していました。

iMac のモデルを識別する方法

Apple imac intel silver

で、急に何を思ったのか、このMACで、wordpressの更新をしようかなと思い立ったのです。windowsのキーボードが、いまいちしっくりこないもんで。

で、やっぱりwindowsと同じように、なんか投稿ソフトはないかなと。

windows live writerもまあいいんですが、そこはやっぱりwindowsなわけで・・・・(意味不明)

で、検索を始めたところ、最初に行き着いたのが、macjournalでしたが、最初無料みたいな書き込みを見たので、使い始めましたが、うまくいかないので、結局大御所のmarseditをインストールすることになりました。

Images

Unknown

marseditは、有料なので本当は使いたくなかったのですが、そこはなんとかしました。(なんとかした内容については、まあなんとなくご理解下さい。)

marseditを最初開いて、久しぶりにマックを使っている気持ちになりました。
設定は色々あるし、そもそも英語メニューだし、カスタマイズしないと使いづらいし・・・・ああ、すっかりwindowsに慣れてしまったんだなと、痛感しました。

この投稿もまだまだほとんどテキストの装飾については、よく理解出来ていないので、そのうちに綺麗にして行こうと思います。

で、marseditで第一につまづいたのが、これ。

[O]Olein編集部がMarsEditを導入した手順

この中にある

スクリーンショット 2014 06 24 10 39

こんな設定、wordpressにないんですから・・・・

で、解説や使い方を読むのを無視して、blogメニューにsettingというメニューがあったので、とりあえずBlog NameとHomepage URLを入力して、OKを押してみましたが、エラーが出ます。

設定

 

設定2

そりゃ、そうですね。API Endpoint URLが入っていないんですから・・・・

でまた検索してやっと、これに行き着きました。

これでMarsEditが思い通りに使えるようになった!導入からカスタマイズまで

この記事のおかげで、設定項目の意味がやっとわかりました。
「API Endpoint URL」は私の場合
http://example.com/wordpress/xmlrpc.php  (2018/5/8リンク切れ確認)

というパスを記入したらOKでした。
(上記 /wordpress/ はWordPressを置いている任意のフォルダ名です。)

で、やっと投稿できるところまで行って、これを投稿したという訳でした。