PETって何?

PETって何?

もともと医者に行くのが面倒で、(その割には医者に行ってますが)健康診断も、たまにしか受けたことがありません。

かなり頻繁に具合が悪くなるし、年に数回血液検査もするし、まあいっか!と思いつつ10年以上も、健康診断に行っておりません。

url

世の中で、私のように、毎年のように健康診断でもないのに、血液検査をやっている人は、珍しくないですか?

ちょっと自慢。

なんだかなあ。

で、最近、健康診断関係で、PETという単語を聞くようになりました。

acc_root_img05

私の知り合いの経営者もPETとかやっているようですが・・・・

先日もテレビでPETって、ぶっちゃけどうなのよ?効果あるの?みたいなことやってましたが、そもそもPETを知らないんだから、話になりません。

PETってなに?

最近、何でも検索すれば出てくると思ってましたけど、PETではばっちりしたものが出てきません。(笑)

どうも、ペット=愛玩を目的として飼育される動物、関連の方が先に出てくるようで・・・・

  • PET検査(ペットけんさ)は、がんを検査する方法の一つです。
  • 「PET」とは「陽電子放射断層撮影」という意味で、ポジトロン・エミッション・トモグラフィー(Positron Emission Tomography)の略です。
  • 通常、がんは、実際に腫瘍(できもの)ができたり、体に変化が起きてから見つかることが多く、がん細胞の成長がある程度進んでからでないと発見しにくい病気でもあります。
  • 早期発見のため、特殊な検査薬で「がん細胞に目印をつける」というのがPET検査の特徴です。

pet_01

つまり、ガンを見つける検査方法の一つということのようですね。

考えるに、20年以上前より、現在の方が、がんに対する脅威が増え、やはりガンの早期発見のためにいろいろな検査方法が出てきた中で、おそらくPETが発見に効果的ということで、広がったのではないでしょうか?

  • 欧米では「がんが疑われたらまずはPETを(PETFirst)」という言葉があるほど、定着していると言われており、まずはPET検査の結果をみて、治療方針を決めるのが普通になっているようです。
  • 日本においては一部の疾患をのぞき保健医療として認可されず、まだ一般的に広まっていませんが、その検査の質の高さに、近年急速に普及しつつあると言われています。

(参照:http://www.pet-net.jp/pet_html/treat/pet.html


で、このPET検査、どうして個人的にピンと来ないかというと、どうやらかなり高いらしいのです。

 

  • 健康診断でPET検査を受ける場合、健診センターや施設ごとに費用を設定できる「自由診療」となっていますが、平成22年4月より、健康保険の適用範囲が広がり、より一般的に受けられるようになってきました。健康保険を適用する場合は、3割負担となります。
  • 検査機関や病院、地域などによって検査費用は異なりますが、ひととおり全身を調べるスタンダードなPET検査のコースでひとり1回あたり10万円前後となる場合が多いようです。オプションで、当日検査後医師からの説明を受けたり、CTやMRIなどを組み合わせてさらに詳しく調べるコースなどは、もう少し高額になる場合があります。

(参照:http://www.pet-net.jp/pet_html/treat/cost.html

なんじゃ・・・・・10万円!

なんだかなぁ。

健康診断も行かないような人間が、更に10万円かかると聞いては・・・・・

結局、人間の費用対効果の感覚は、ガンになる可能性について、多くの人が正確な感覚を掴んでいないから、10万円が高すぎると思うのでしょうか。

virus_character

まあガンになるかどうかについては、こちらを参考にしていただくとして・・・・

「2人に1人は癌になる」は本当? がんの罹患率の話(2017/10/06リンク切れ)

このPET検査ですが、10万円と聞いて、更に「効果についてどうなんだろう?」なんて懐疑的な話をテレビでやられると、ぶっちゃけそりゃもうやらないでしょう。

私が見たテレビ番組のまとめはこれ。

がん治療名医の予防法とは?直撃コロシアムズバッとTVで紹介!

まあPET検査を有効とするか、有効としないかについては、様々な議論があるようですが、以下の点については、おさえておきたいですね。

①日進月歩で進化するがんの早期発見法。ただし、種類が多すぎて実際にはどれを受けるべきか、分かりづらいのが実状だ。

②PETはすべてのがんに対応するが、得手不得手はあり、甲状腺がんや大腸がんを得意とし、胃がんを苦手とする。胃がんの検査については、内視鏡検査を利用すべきである。

③検査精度が病院によてまちまち(らしい)

④疑いがある時の診断に使うもので、定期的にやらないほうがいい?

ということで、金額とこのまとめを考慮すると、とても、自分としては、やろうとは思わないですねえ。

結局、自分のことは二の次ということでしょうか?