尾木ママって、一体何なんだろう?

尾木ママって、一体何なんだろう?

尾木ママとは、

尾木 直樹(おぎ なおき、1947年1月3日 – )は、日本の教育評論家。法政大学教職課程センター長・教授。臨床教育研究所「虹」主宰。血液型はA型。愛称は、「尾木ママ」。(情報源: 尾木直樹 – Wikipedia

のことである。

その尾木ママの最新ニュースの内の一つがこれ。

20160617-OHT1I50088-T-min

情報源: 尾木ママ、4年に3度、130億円!相次ぐ都知事選に選挙費に嘆き : スポーツ報知

教育評論家の尾木ママこと尾木直樹氏(69)が17日、「四年で三回も…都知事選挙費用130億円超?」と題しブログを更新した。

とのことだが、私は正直言って、この尾木ママなる人物が好きではないので、見ないようにしているのだが、どこかの番組で舛添さんのことを批判しているような気がして、この人、今更何言ってるんだろうと思ったので、これを書いている。

ググればすぐに出てくるのだが、

舛添要一都知事が出直し選挙で当選する方法 尾木直樹氏が提案(2016年6月11日 22時25分)

  • 尾木直樹氏が11日、舛添要一都知事に早期辞職からの都知事選実施を望んだ
  • 選挙費用の徹底的節約作戦として勤務時間内の開票などを提案
  • 別荘売却代金や今年の給料やボーナスの全額寄付も要望した

ってなことも言っている。

こいつなんなんだ。

ただの感情垂れ流しおやじか。

舛添さんの辞職を望み、そして選挙になれば金がもったいないって、馬鹿なのか。

こういう馬鹿な奴に踊らされていつまでも舛添批判で楽しんでいる人達こそ、東京都にとっての弊害ではないだろうか。

私のまわりでは、舛添さんを擁護する声はないが、辞任に追い込む意味については、当然みんな考えていた。

それがこいつは・・・・・

なんだかなあ。

別にホリエモンのことを好きなわけではないが、

情報源: 堀江貴文 尾木ママの舛添知事批判に「言いっぱなしの典型だな」 : J-CASTテレビウォッチ

というのもうなづける話である。

まさに言いっぱなしの典型例ともいえる話だ。

なんだかなあ。