タレントというジャンルの不思議

タレントというジャンルの不思議

タレントとは、英語: talent に由来する語句であり、日本においては、テレビやラジオなどのメディアおよび各種イベントに出演し出演料を得ることを収入源としている人(本業としている人だけでなく、副業や一種のアルバイトとしている人なども含めて)の一般的呼称である。

まあ、こうしてwikiにも「本業している人だけでなく、副業や一種のアルバイトとしている人など含めて」の一般的呼称である、って書いてあるんですから、私が驚くには値しないのかもしれませんが・・・・・・

 

それにしても、テレビってなんで出られんだからよく分かりませんよね。

もちろん、人気、需要、そういったものがあるからというのはよく分かった上で言っているんですけどね。

なんでこんなことを言うかというと、

情報源: 澤穂希さん、出産後初公の場に緊張 子育ては「楽しい」 (オリコン) – Yahoo!ニュース

という記事を見たから。

 

元々スポーツ選手って、その競技に特化した能力を持っていて、もちろんそれ以外のアビリティーがあってもおかしくはないんですが、言っちゃなんですが、澤さんなんて、美人でもないし、話も特別うまくないし、なんで?とか思ってしまいます。

もちろん人気あるんでしょうけどね。

それにしても、元スポーツ選手で、引退して、しかも出産でしばらくお休みしていても、ひっぱりだしてくれるって、よほど人気があるんでしょうね。

こうしたスポーツ選手の一部の人が、そのジャンルでない場所で、しかも特別にいわゆるテレビで使える能力(話とか)がない人が、タレントとしてひっぱられる現象は、なんかよく分からないんですよね。

なんだかなあ。

まあ、単純に澤さんの場合は、そう思うだけなのかもしれませんが・・・・・