カテゴリー
政治

舛添さんの話をいつまでやってるんだ

CiVEUriUoAAZoY6-min

さて、舛添さんの話。

昨晩(6/10)も、NHKニュースで2番目にやっていて、うちの奥様がぼそりと

「いつまでやってるのかなぁ。時間の無駄だよね。他にたくさんやることあるだろうにねえ。」

と言っていたのが印象的でした。

的を得たことを言っていると思います。

うちの奥様は、政治のことは全く知りませんし、多分政治資金規正法の存在さえ知らないでしょう。

でもそういう一般的な人にとって、どうでも良いことなのです。

plt1606100009-n1-min

他にもっとやることがあるだろう

 

NHKニュースであれば、もっと伝えることがあるだろう。

都議会であれば、いつまでちんたらこの問題をひっぱってるんだ。

舛添さんにしたって、この問題の回答について四苦八苦している間にやることがあるだろう。

本当に舛添さんが法律に違反しているなら、捕まえる人が捕まえればよいのでやることがあるだろう。

舛添さんを辞めさせたいなら、その方向に向かって、動きたい人が動けばよいだろう。

といったことですね。

 

ところが、テレビをはじめとするマスコミは、舛添さんは悪者だという報道しかほとんどしません。

舛添さんの話は話として、どうするかについて議論すべきところで議論して欲しいわけです。

いつまでも、クレヨンしんちゃんを買ったとか、ホテル三日月は個人的旅行だとか、正直言って、一般の人からすれば、いつまでもやってる問題じゃないだろと思うわけです。

それが必要かどうかは分かりませんが、熊本の震災についての報道は、非常に減っています。

他にも日本には山積みした多くの問題が色々あるはずなのに、いつまでも舛添さんの、それこそちっぽけな話をしているマスコミをはじめとした報道の姿勢は、一般の人から、大きく乖離してしまっているのでしょう。

なんだかなあ。

CkQfnfRUUAEez4c-min

私も舛添さんの話を一時興味を持って追いかけていましたから、少し反省しています。

そういう意味では、うちの奥様の方が、事の本質から離れていなかったのだと思って、少し打ちのめされています。

 

実は、このブログを書いたのは、私が拝読している宋文州さんのメルマガ、それもちょうど今日配信された分に、まったく同じことが書いてあったからです。

 

マスコミが頑張っても出てくる舛添氏の問題はせいぜい「公私混同」程度です。
「家族と泊まった旅館で公務をしたか」とか、「ヤフーオクションで買った画は本当にプレゼントに使ったか」とか、聞いているうちに何だか笑えてしまうことが多いのです。
同じ東京都の問題として挙げられていた18億円もの使途不明金についてなぜ詳細を追求しないのか。
同じ自ら弁護士に依頼して調査をしているJOCの2億3千万円の情報はなぜすっかり扱われなくなったのか。
クレヨンしんちゃんの本は面白いかもしれませんが、甘利氏の現金受取や秘書の高級車要求などの犯罪疑惑を取り上げる
意欲はまったくありません。
もし舛添氏のような問題をこれほど公共電波を使って取り上げる必要があるのだとすれば、他の政治家のこれよりもはるかに大きな問題に触れないのはなぜでしょうか。

 

もう、次に行きましょう、次に。

舛添さんの話は、ちゃんと結論が出たら、ちょっとだけ報道してください。マスコミの皆さま!

もしくはバラエティー枠へ持って行ってください!

 

(追加更新)

これがアップされた17日には、辞任しちゃいましたね。

これでしばらくすれば、舛添さんがニュースになることもないでしょう。

やっと沈静化です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です