*

領収書の収入印紙に斜線しておいて!

公開日: : 法律

収入印紙って誰が考えた制度なんですかね?

images

うそかほんとかここ↓では、

情報源: 収入印紙が必要な理由 – その他(行政) 解決済 | 教えて!goo

印紙税は、1624年にオランダ独立戦争の戦費調達のために税務官吏が考案した税金で、のちヨーロッパに広がって、日本でも1873年に取り入れられました。

きわめて低い税率を課しているもので、支払う側には、重税感を感じさせないものになっています。
このごくわずかな金額が積もり積もると結構な税収になるわけで、何割かの人が脱税しても、それを得るのにかかる費用はほとんどないので国にしてみれば楽な税目だといえましょう。
こんなもので、13,000億円以上の税収を上げているのです。

と書いてあります。

uid000002_201411261315456a03c513

なるほどなあと思います。

特に「何割かの人が脱税しても」という点です。

特に中小企業において、きちんと印紙を貼っている人がどれだけいるのかと疑いたくなる時があります。

中小企業の経理の手伝いをしていると特に思うわけです。

この領収書にも、あの領収書にも、印紙がない・・・・・となるわけです。

契約書になんか印紙が貼ってあるのを見たことがない(というのは大げさになりますが)と言いたくなる位です。

url

そして、たまに印紙を貼っていても、なんでか知りませんが、「斜線を引く」人の存在。

誰がそんな方式を考えたんですかね。

さすがに調べても分からないでしょうねえ。

時々

情報源: 領収書の印紙を斜線で消印し、担当者の欄に担当者名が署名されてい… – Yahoo!知恵袋

「有効です。斜線でも押印でも消印とみなされますので、その領収証に記載されている金額相当の収入印紙が貼ってあればOKです。」

こんな書き込みがありますが、「斜線でも押印でも消印とみなされます」という点は嘘ですから要注意です。

そう、斜線は消印としては認められないのだそうです。

なんだかなあ。

こんなこと知ってる人どれだけいるんだろう?

情報源: 印紙の消印は斜線でもOK?

情報源: 収入印紙の消し方(印紙の消印の方法)について長崎県長崎市の行政書士 リーガルナビ行政書士事務所 | 会社設立 | 法人設立 | ビザ | 帰化 | 遺言 | 相続 | 

情報源: 収入印紙の消印の位置はどこが正解なのか詳細画像で説明します | 厳選!新鮮!とっておき@びっくり情報

 

っていうか、印紙税についての啓蒙活動って、もう少ししてもいいかなとは思ってしまいますけど。

 

消印は印紙の再使用を防止するためのものですから、それに使用する印章は通常印判といわれているもののほか、氏名、名称などを表示した日付印、役職名、名称などを表示したゴム印のようなものでも差し支えありません(基通第65条)。
署名は自筆によるのですが、その表示は氏名を表すものでも通称、商号のようなものでも構いません。しかし、単に

「印」と表示したり斜線を引いたりしてもそれは印章や署名には当たりませんから、消印したことにはなりません。
また、印紙は判明に消さなければならないこととされていますから、一見して誰が消印したかが明らかとなる程度に印章を押し又は署名することが必要であり、かつ、通常の方法では消印を取り去ることができないことが必要です。したがって、鉛筆で署名したもののように簡単に消し去ることができるものは、消印をしたことにはなりません。

情報源: 印紙の消印の方法|印紙税目次一覧|国税庁

 

(追記)
この件を調べていて、その後分かったことがある。

まあこれだけ斜線はだめということを調べたからやらないとは思うが、仮に「斜線で済ませた場合」もしくは「割印をしなかった場合」はどうなるかというと。

領収証や契約書に印紙を貼ったときに印鑑等で割り印をするというのは皆様やっていると思います。

もしも、この割り印をやっていなかったらどうなるのでしょうか?

この場合には、印紙の額と同額の罰金が課されることになりますので、通常の2倍の印紙代となってしまいます。

情報源: 印紙に割印、消印をしないとどうなるの?

これはショックが大きいですね。

関連記事

続・相続財産管理人と破産管財人と特別代理人

2014年6月に「相続財産管理人と破産管財人と特別代理人」という投稿をアップしました。 とあるビル

記事を読む

年金、強制徴収を所得300万円以上に拡大 納付率上げ

タイトルおかまいなしに、話はずれますが、蓮舫氏の二重国籍問題にしてもそうなんですが、世の中曖昧にして

記事を読む

脱法ドラッグ・脱法ハーブの話

最近、また巷で大きな話題となっている脱法ハーブ(脱法ドラッグ)ですが・・・・ なんだか

記事を読む

法人の期中における異動と税金

さて、法人は、国と県と市に税金を支払います。 国:法人税、地方法人税 県:県民税

記事を読む

企業会計の謎-認識

企業会計(きぎょうかいけい、accounting for business enterprise

記事を読む

税金対策-欠損金の繰越控除

仕事がら、節税・脱税について、調査研究を日夜重ねております。 今回は「欠損金の繰越控除」です。

記事を読む

印紙税の不思議

印紙税(いんしぜい)は、印紙税法(昭和42年5月31日法律第23号)に基づき、課税物件に該当する

記事を読む

賃貸物件の罠

タイトルは少し大げさですが・・・・・ 賃貸物件(店舗にせよ、住居にせよ)は、やはり所詮

記事を読む

定着物

定着物・・・・・ついぞ聞きなれない日本語。 情報源:定着物とは 定着物とは、土地の上

記事を読む

パスポートと執行猶予

まずもって執行猶予がついちゃった人が、海外旅行なんて考えるからおかしいんだという話もあります

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

夫が行方不明になって妻が心配すること

まあなんですね。 こんなことを調べてくれと、言われる人はなかなか

取得時効の承継

とある不動産の所有権者から、土地・建物を買うことになりました。

サッカーに対する日本のマスコミの愚かさ

さて、 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終

itunes for windowsのアップデートでやられました(エラーコード2324)

itunesあんまり使わなくなりました。最近。 そもそもipho

AMAZONはやっぱり日本の会社じゃない

amazonから時たま、こうしたルールが変わった!というメールが来るこ

→もっと見る

  • 2018年1月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑