浄化槽が何人槽かなんて知らないよ

浄化槽が何人槽かなんて知らないよ

さて、賃貸で店舗を借りました。

借りる前はパチンコ店でした。

借りた後に飲食店を営業しました。

それから10年経過し、店舗は別の人に貸しました。

もちろん契約も変更しました。

そしてまた10年経過しました。

10年前までは、自分達で経営していたので、浄化槽の法定点検はきちんとしていました。

でもその後の10年を借りていた人はきちんとしていなかったので、浄化槽の法定点検はしていませんでした。

実は大家さんは、人から土地・建物を譲り受けた個人で、当初建築した建物の図面等は持っていません。

当方も借りるときは調査しましたが、賃貸契約終了後は一切かかわっていません。

で、その浄化槽が何人槽か聞かれました。

 

・・・・・・普通分からないですよね。

 

大家さんも記録を残していない。

我々も調べたのは、20年も前で、記録は当然廃棄している。

まあ今更何で「何人槽か」なんて聞かれることもめったにないと思うんですけど・・・・・

 

なんだかなあ。

さて、浄化槽って、最近は下水道が普及しているから、あんまり知らない人も多いでしょうし、都会の人からすれば何?って感じですよね。

 

浄化槽(じょうかそう)とは、水洗式便所と連結して、屎尿(糞および尿)および、それと併せて雑排水(生活に伴い発生する汚水(生活排水)を処理し、終末処理下水道以外に放流するための設備である(浄化槽法より)

 

つまり、糞尿や生活排水を溜め込んで、物質のみ沈殿させ、上澄みの水を周囲に流すタンクっていうことですね。

もちろん、物質は沈殿していけばどうなるかは自明ですが・・・・・

ということで、法律で点検・清掃も義務づけられてます。

でも、義務づけられているだけで、きちんとするかどうは、持ち主の問題なんですよね。

まあ、義務なんてなんでもそうですけど。

 

ですから、賃貸物件(といっても店舗とか事務所ですが)で、借りてみたら、浄化槽があって、浄化槽を開けてみたら、清掃なんかしていなくて、汚泥があふれんばかりだったなんていうことも、ないこともありません。

 

またある時、きちんと点検をしていない、たまに清掃しているなんていう物件で、台風があり、浄化槽周りが若干冠水したら、浄化槽から汚泥が逆流したなんていうことも、見たことがあります。

まあ本当、

なんだかなあ。

ですよね。

ですから、下水道って偉大だと思いますけどね。

 

で、本題なんですが、聞かれたんで、どうにか何人槽か調べなきゃと思い、浄化槽の清掃業者に確認したところ、

「5年も10年も前の清掃記録なんかうちじゃ保管していないよ」

と、本当か、面倒くさかったのかは分かりませんが、教えてもらえません。

で、どこへたどり着いたかと言うと、「○○県浄化槽協会」

すごいですね。

約10年前の法定点検の記録が残っているそうです。

まあ、私の住んでいる県だけかもしれませんけどね。

ということで、分かったんですけど。

 

あと、○○林務環境事務所にも、記録が残っている可能性があるそうですが・・・・・

すごいですね。

そんな昔の記録がちゃんと残っているなんて。