この年になってゲームにはまってます

この年になってゲームにはまってます

私、50代です。

最近、長男にせがまれて、PS4を購入しました。

最初は私もやろうかと思っていたのですが、やはり長男が独占していて、話しかける「俺にもやらせてとか言う」のも面倒なので、やらせっぱなしになっています。

長男も申し訳なかろうという気持ちが少しあるのか、これまで使っていたPS3を私に持ってきました。

system-update-ps3-main-02-us-03nov14-min

で、このゲームをちょっとやり始めました。

sam-min

情報源: Amazon.co.jp: ワールドサッカーウイニングイレブン2013: ゲーム

まあなんですね。

この年になって、ゲームにはまるとはちょっと考えていなかったです。

まあもともとサッカー好きではありますが、周囲の人には信じられないと言われますが、高校までサッカー部でしたし、子供のころは三菱ダイヤモンドサッカーが大好きでした。

img_0-min

そのくらい、サッカー好きなので、まあ至極当然と言えば当然なのですが、今回このソフトにはまっているのは、一人の選手として、17歳に弱小クラブチームに参加し、レベルを上げて、試合で実績を積むと、交渉次第で、だんだん大きなクラブに入って行き、年棒もあがり・・・・・というモードがあることなのでした。

そう、最初は、いろいろうまくいかないのですが、やり込んでいくと、自分でできることも分かってきますし、チームメイトがどう動いて、どう連携すればうまくいくか、それを相手のレベルも違うのでと、とにかくリアルです。

サッカーゲームと言えば、片方のチームを全部自分で操作してというのが当たり前だと思っていた、自分にはすごく新鮮なのでした。

もうかれこれ、数十時間かけていますが、まだ19歳です。(笑)

年棒も最初数百万円だったのが、今は2500万円まで増えました。

なかなかいいですよね。

img_49ec15dd2701613982e7ff74fef6950b92548-min

あとひとつ言えば、やっぱり昔のファミコンに比べて、操作は難しいです。

何せボタンが多いのですから。(笑)

でも、このモードに限って言えば、自分の操作できる範囲の動きで、周囲の選手を使って、またポジション取りを考えて、いくらでも活躍できる(と思っています)のです。

正直、まだループシュートもできませんし、フェイントも出来ません。

それでも結構活躍できてしまいます。

所詮コンピュータとは言え、周囲の味方選手と動きが合った時や、ポジション取りが当たった時のうれしさは、これまでのサッカーゲームとは少し違うかなと思います。

(※監督モードもあるので、結構楽しみです。)

 

でも結局3年は時代に遅れてますよね。

なんだかなあ。

そして、仕事から帰って、夜遅く、ゲームをしているという姿は、やっぱりちょっと家族の顰蹙を買っているようです。

昨日の夜も娘が帰ってきて「あ、やっぱりやってると思った!」って・・・・・

なんだかなあ。

でも、考えてみれば、私くらいの世代は、ちょうどゲーム創世紀位の時代が青春だったので仕方ないと思うのですよ。

言い訳ですけどね。