カラーコピー機

  • 2014.11.27
  • PC
カラーコピー機

人間贅沢に慣れると、それが当たり前になるという話。

カラーコピー機に寿命が来ました。

なんと7年たったら、メンテナンスの限界が来たとのこと。保守点検料が、ばん!と上がるんですって。

保守契約ご提供終了のご案内

ご導入いただいてから7年が経過いたします。製品の製造中止後7年をもちまして保守用部品及び消耗品の当社における保有期間も終了することになりますので、今後は保守用部品及び消耗品の調達がますます困難になることが予測されます。従いまして誠に勝手ながら、現在ご利用いただいております機器についての保守契約の提供を終了し、以後はスポットサービスによる保守対応とさせて頂きます。

policy

ちょっと違うけど、まあこんな感じ

 

まあ、そりゃ仕方ないと思いますよ。

で、まあ、そんな高い保守契約料を支払うわけにもいかないので、カラーコピー機の代替を検討しております。

ところがカラーコピーって、1枚当たりの単価はいまだに15円~20円するんですね。

びっくりしました。

昔は仕事場にカラーコピー機なんてなかったので、セブンイレブンまで走って行って、カラーコピーしてたりしましたが、近年は仕事場にカラーコピー機が導入されて、そういうこともなくなり、すっかり麻痺していました。

110414_03

で、私がメインで行っている仕事場は、なんと月間4000枚もカラーがカウントされていることが分かりました。

15円単価としても、月間60,000円・・・・・・う~ん。

なんだかなあ。

そこで見つけたのが、

エプソンのスマートチャージ

thumb_sc

まあ、何がすごいって、細かい説明は抜きにしても、カラー単価が1枚5円ってところ。

飛びつきそうになりましたが、コピー機屋さんにちょっと話したところ、鼻で笑われてしまいました。

「あれ、インクジェットだよ」

がびいいいいいん!

う~ん。いくら、解像度が上がってもインクジェットはインクジェットだからなあ。

と思い、資料請求をして来た資料を見たら、

「お、画像もけっこうきれいに印刷されてるし、いけそうじゃん」

と思いましたが、ねんのため、実物機械を見に行ってきました。

その結果、やはり、以下のことが分かりました。

  1. やっぱりインクジェットはインクジェット
  2. カラーコピー機に比べるとやっぱりがっかりする
  3. 画質はやっぱり若干落ちる。
  4. グラデーションに弱い
  5. 普通紙だと印刷直後は紙がふにゃふにゃ
  6. 線が段々になることがある(エプソンの人はそんなことはない。これはすぐに保守の者が直しますとは言っていたが)
  7. 同じものをコピーする時は、30枚程度を超えるとコピー機の方が早い。
  8. 両面コピーの時に、紙を乾かすのを待つ時があり、遅くなる時がある。

ってな感じでした。

要するに、ダントツのコストがメリットであることを除くと、いろいろ残念な点が多い感じ。

で、一緒に実機を見に行った女性に感想を聞いたところ

やっぱりカラーコピー機の方がいいなあ。コスト以外は特にいいことないし。

とのこと。

贅沢になったもんです。

※念のために、追加。他に、いろいろいいことはありますけど、割愛。

でも、まあ、個人的には、保守管理もしてもらって、あの値段なら、やっぱり断然こっちかなとは思うのですが・・・・・・