UMESAZLYJUQ



(予告)自動リサイズ付き、imgboard2010の Perlスクリプト配布 名前: スタッフ [2012/10/17,09:57:20] No.444
Yahooジオシティなどの画像変換ライブラリ(ImageMagick)導入済みプロバイダでも動くように、近日中に通常のPerlスクリプトとして配布する予定です。(今はPerl2EXEの実行形式になっていてのソースコードが読めなくなっていますが、Linuxのディストリビューションや搭載CPUの違いによるPerl2EXE互換性の問題があるため、Perl2EXE形式をやめ、通常のPerlスクリプトとしてソース公開する予定。)。既にβ配布版は出来上がっていますが、最終チェック中。10月中にはやりますので、少々おまちください。

>> 画像リサイズ版imgboard2012リリース 名前: 1998特報スタッフ [2012/10/25,04:54:05] No.446
2012.10.25ファーストリリース

Yahooジオシティなどの画像変換ライブラリ(ImageMagick)導入済み
プロバイダで動くように、通常のPerlスクリプトとして配布します。imgboard2010って名前もなんなので、imgboard2012として出します。


(今まではPerl2EXEの実行形式になっていてのソースコードが読めなくなっていますが、
Linuxのディストリビューションや搭載CPUの違いによるPerl2EXE互換性の問題があるため、
Perl2EXE形式をやめ、通常のPerlスクリプトとしてソースを公開します)。

→imgboard1.22R6.1系との違いは?
・画像の自動リサイズがサーバ側でできる(デジカメやスマホの数MBのサイズが大きな画像ファイルもそのままUPできます。事前にユーザ側でのリサイズ作業不要になり、ユーザにやさしいです)
・返信に画像を添付できる
・元ファイル名で保存できる


○設置環境について
Linuxサーバ用です。
ImagiMagickの利用が許可された
Yahooジオシティのジオプラス(月額500円で容量1GB:動作検証済み)や
さくらインターネットなどのVPSでご利用ください。

元の写真のファイルサイズにもよりますが、
画像のリサイズ時に最大200MB程度のメモリを使うので、
CGIに対する制限の少ない環境で使ってください。

○設置方法
本体:
imgboardとログ互換です。file.datの
バックアップをとった上で、
imgboard.cgiを置き換えてください。

追加:
以下のファイルはfile.datと同じフォルダに
入れて、606などに設定しておいてください。
count.dat
access_log.dat
icon.dat


スクリプトは、特に設定しなくても動くと思います。
一点、Perlのパスは/usr/local/bin/perlか
/usr/bin/perlのところがあると思いますが、
適宜直してください。

CGIスクリプトはテキストなんですが、
FFFTPを使う場合は、自動文字コード変換がCGIをおかしくするので
imgboard.cgiをバイナリモードで送ってください。


○フィードバック
imgboardのサンプル掲示板はかけるようにしているので、そこに書くか、talk@big.or.jpまでメールください。
ご意見、ご希望大歓迎です。

このバージョンはもう古いので使わないでください
圧縮データ(zip形式) imgboard2012b01.zip -(120 KB)
>> 10/28版 海外SPAM対策強化 名前: 1998特報スタッフ [2012/10/29,01:15:58] No.447
25日に出したばっかりですが、10/28日に、R6.1 v3で海外SPAM対策強化版を出したので、2012のほうも、同修正を反映したものを出します。

imgboard2013配布コーナに移動させました。以降は2013をお使いください。

このバージョンはもう古いので使わないでください

圧縮データ(zip形式) imgboard2012b01a.zip -(119 KB)


[返信しないで戻る]