counter (-Last Modified: 2002/07/03)


Libretto L1 購入から Plamo install まで

Libretto L1/060TNMM 仕様一覧

各種設定


2002/12/18 追記:現状と合わなくなってる〜。近いうちに 更新しますです(多分、弱気)
ちなみに、現在 kernl-2.4.20pre4 + acpi-20020821-2.4.20-pre4.diff.gz + suntacucp_1.2.0.tar.gz + CB-TXD 用 適当 patch で動いてます。
これを kernel-2.4.20 + acpi + software suspend + suntac + CB-TXD あたり に変更して、このページに反映できるといいな…

longrun の設定

kernel.org/utils/cpu/longrun-0.9.tar.bz2 を持って来る。kernel 設定と して

CONFIG_X86_MSR=y
CONFIG_X86_CPUID=y

が必要(2.4 系 OK、2.2 系は 2.2.18 あたりから可)
LongRun mode として、economy と performance が選べる。default は economy。 実行結果:

> longrun -l
# %   MHz  Volts  usage
  0   300  1.200  0.281
 33   400  1.225  0.391
 66   500  1.400  0.638
100   600  1.600  1.000
> longrun -p
LongRun: enabled
LongRun Thermal Extensions (LTX): inactive
Current performance window: 0 to 100
Current performance level: 0
LongRun flags: economy

X の設定

何も考えずに 4.0.3 に上げてしまったが、後から調べると 3.3.6 で問題な さそう。あら?。とりあえず、起動すると動く。ただし、1280x1024 くらいになっ ている感じ。下半分が隠れて見えない。他のページに紹介されている Modeline を試したが、どれもうまくいかない。Savage の driver はバージョン毎にいろ いろあるらしい。結局面倒なので、4.1.0 に上げることにする。お、今度は大丈 夫。現在のXF86Config-4
あと、X 関係でマシン固有の設定はスクロールボタン位かな。どうするんだろ。 ま、そのうち。
2002/12/18 追記:4.2 系用 XF86Config-4.421 といっても、

Option     "ShadowFB"
が違うくらいかな。

ACPI の設定

2.2 系では対応していない。2.4 系では、↓を適用するとよい。
Instantly Available Technology - ACPI
これは、2.4.5 の drivers/acpi 以下をそっくり入れ換えるようだ。あとは acpid を使用すると、電源ボタンで shutdown → power off は動くようになった。 ただし、たまに Kernel Panic で落ちる。原因不明。
なお、この ACPI patch は 2.4.6-pre4 あたりで取り込まれた模様。2.4.6 も でたので使おうかと思ったが、ToPIC100 の認識ができなくなった。

Intel PCIC probe: PCI: Enabling device 00:12.0 (0000 -> 0002)
   Bad bridge mapping at 0x10002000!

これでは PCMCIA が使えない。原因追求してない。
そういえば、pcmcia-cs では、Toshiba ToPIC100 と認識するのに、lspci では Toshiba ToPIC95 と誤認識してる。

Sound の設定

Chip そのものは、2.4 系なら[Trident 4DWave DX/NX, SiS 7018 or ALi 5451 PCI Audio Core]、alsa なら 0.5.11 or 0.9.0beta5 でなんとかなりそう。 ただし、L1 の場合、この device に対し IRQ が割り当てられておらず動作しな い。うーん。

「いささか先生の書斎」の掲示板で動作報告が上がっている。
うまくいきましたー
これと、 (この記 事参照)を組合せ、lostirq2.c にて IRQ を割り 当ててみよう。こいつの compile は、gcc -c lostirq2.c で OK。 /lib/modules/2.2.19/misc あたりに放り込んでおく(depmod -a を忘れずに)。
使い方:ALi M5451 は、lspci によると Device 番号は 0:6.0。WinME では IRQ=4 を使用しているようなので、

% insmod lostirq2 pcidev=0,6,0 irq=4

割当ができれば、

lostirq: found device bus=0 device=6 func=0 set irq=4

という message がでる。lostirq2 自体はもう必要ないので、rmmod 。
alsa-driver-0.5.11 を install し modprobe snd-card-ali5451 した…
システムが刺さった (T.T) その後いろいろ Try したところ、LAN カードとなん かぶつかっている様子(IRQ = 3 なんだけどな?)。LAN なしだと認識するし、 LAN を挿入するとシステムが刺さるんで………。IRQ を 7 にしたところ、 ようやく同時に使えるようだ。
だが、いまだ音ならず。alsamixer 使って音量も設定したんだけどなぁ?とりあ えず /proc

2001/08/06 追記: alsa-driver-0.9.0beta6 (後,lib,utils) が出てたので 挑戦する。depmod で install が止まる。tlinux-users-j ML で聞いたところ、 depmod のバージョンをあげるといいらしい。modutils-2.4.6.tar.bz2 を install したところ、alsa の install が無事終了。後は IRQ 割り当て実行… 今度は無事音がなった!!

2002/07/03 追記:2.4 系用の lostirq3.c を作ってみた。 現在確認できる環境にないので、コンパイルすら通るかわからないけど、 人柱になりたい方は、どうぞ。

gcc -I/usr/src/linux/include -c lostirq3.c


2002/12/18 追記:2.4.18 で lostirq3.c 動くらしいです。 動作報告ありがとうございます(メール返信しようとしましたが失敗しました。MX の 設定間違っていませんか? > 報告くれた方。)

2003/02/14 追記: lostirq3.c に構文エラーがあったよう ですので一応直しておきました。

modem の設定

Lucent のドライバ持って来たけど、2.4 系ではダメ。2.2 系設定中。

LAN の設定

Corega CB-TXD ではまる。corega の webからもっと来たソースだと、2.4.5 環境でうまくコンパイルできん(T.T)。
kernel-2.2.1[89] + pcmcia-cs-3.1.27 で動作確認

参考:各種 log

これからなにか設定のヒントがありましたら、ぜひ教えてください。

E-Mail:sho@big.or.jp

参考リンク