じじぃ語録

さてさて、多分に独断と偏見に満ちたじじぃ語録を紹介しておこう。
なんだこれは?と一笑に付すもよし、賛同してアル中ライクなじじぃをめざすも よし、どう読むかはおぬしの自由である。

                   


−あ−

いちまち
1.待ち。レバーを斜め後ろに入れ、じりじりとしゃがみ下がりをしながら、 相手の技のスカりを待つ戦法。
わたしゃ、きらい!

ウルフファング
36Pから2+K+Gのコンビネーションのこと。
下から突き上げて、上から叩き落とすさまは豪快である。
だが、見た目ほどダメージがないのが難点。
ウルフファングの呼び名については「はじめの一歩」を参照。


−か−

くらり
1+Gのこと。
参照「のらり


−さ−

さそり
2+K+Gのこと。逆立ちして両手を地面につきながら、背中を反らせて相手を蹴る様が さそりに似ているためこの呼び名がついた。

さぶろく
さぶろくアッパー。正式名称は挑腕撩拳である。
コマンド入力が36Pであることから、この呼び名が定着した。
アル中じじぃ憧れの技でもある。
コマンド入力が若干難しく、他の技に化けやすい、またリーチが 非常に短いという欠点を持つ。
しかし、接近戦での威力は絶大で相手を目の前に浮かすことができる。 最近になって、雑誌等で紹介されていたダメージ30は実は間違いで 実際は19しかないことが判明した。しかし、それでも浮かしからの 連携は豊富なため、アル中じじぃ達は依然この技を多様する者が多い。

じじぃ
言わずと知れた舜帝さんの愛称。

じじいとりぷる
じじぃトリプル。連截顎手のこと。
この技、出は早いのだが、硬直が異様に長くて、ちと悲しい。
さぶろく化けでよくこの技が出てしまう。

じじいもうこ
じじい猛虎。月牙叉撃(36P)のこと。アキラの猛虎硬爬山に動作が似ていることから こう呼ばれるようになった。

しゅんぷり
相手に背中を向けた状態から、4Gもしくは3Gで相手の方向にお尻をぷりぷりさせながら 寄っていくこと。
由来は単に私の勘違い。サラの瞬間振り向きの「シュンプリ」を勝手に舜のこれと 思い込んでいた。(*^^*)
でも、それがなぜか定着した。

セパタクロー
36PからK+Gのコンビネーションのこと。


−た−

タイガースコーピオン
じじぃ猛虎からさそりへのコンビネーション。

たたみやすぺしゃる
畳屋スペシャル。36Pから大ジャンプキックのコンビネーションを言う。
アル中メンバーである「畳屋」氏が得意とする。彼は当初、これを 「もったいないぞスペシャル」と呼んでいたが、いつしか「畳屋スペシャル」 の名でアル中メンバーの間に定着した。

ちょーわん
挑腕撩拳のこと。「さぶろく」を参照。


−な−

のろい
呪い。ダウンした相手の周りをライン移動でぐるぐる回る。
アル中メンバー達はこれを「呪い」もしくは「呪いの演舞」と呼ぶ。

のらり
3+Gのこと。
参照「くらり


−は−

ばける
化ける。出そうと思った技と別の技が出てしまうこと。

ひょうたんまわし
瓢箪回し。アル中友の会、山川さんが発見したじじぃの新技。
相手が後ろに下がって攻めて来ないとき、レバーを一定周期で左右に交互に入れ続ける とじじぃの腰の瓢箪がゆらゆらと揺れはじめ、やがてくるくると回りだすというもの。
ダメージがゼロなのが残念だが、相手を挑発するのにはもってこい。
ただし、相手がよほどの「待ち」でもないかぎり、成功しないので注意!


−ま−

まちじじぃ
待ちじじぃ。自分からは決して技を仕掛けず、ひたすら相手の攻撃のスカりを待つという 姑息な戦法を使うじじぃを言う。


−や−


−ら−

りばーすさかだち
リバース逆立ち。後ろ向きに逆立ちすること。
逆立ち蹴りには、かかとにも当たり判定があるため、後ろ向きでも当てることができる。 ただし、リーチは前向きよりも短くなる。
逆立ちの方法は、じじぃの場合、相手に背中を向けた状態で相手と反対方向にレバーを 入れると、ころんと転げてしまうため、後ろを向いてから逆立ちコマンドを入れたのでは うまくいかない。通常は、44Kや44Pの後ろを向く技の硬直を利用して逆立ちコマンドを 入力する。後ろを向いた後、相手の方にバック転を行い、その硬直を利用する方法も ある。


−わ−


舜帝インデックス