Nゲージ KATO DD13

こちらは昨年ジャンクで入手したKATOのDD13です。

車番は115号機、床下のモーターのカバーには701と書かれてましたが、ケースが付いてなかったので品番が701の時期のものなのか7001の時期のものなのかは不明です。

外観に大きな損傷はありませんでしたが、よく見ると手摺りが一部折れかかっていたほか、運転台の両側にある車番がハゲかかってました…。

手摺りは応急処置として接着剤で補強しましたが、印刷のハゲかかっている部分は線が細く書き直すのが面倒なのでとりあえずそのままに…。

カプラーは電磁アンカプラーがついてましたが、ラウンドハウスの車間短縮ナックルカプラー(黒)に付け替えてます。

で、通電してみるとライトは点灯しましたが全く動く気配が無い…。

あきらめずに車輪のところを何度かグリグリやってたらモーターは生きてたみたいで一応走り出しましたが、速度も出ず動きもぎこちない…。

そこで分解して動力まわりを見てみると、モーター周辺は煤だらけで真っ黒、ギアの油は完全に枯渇しプラスチック製のギアも少々すり減り気味…(_ _;

どうやらそれが原因で動きが悪くなってしまっていたらしい…。(もしかしたらモーターも若干ヘタリ気味かもしれませんが…)

しかし補修するためのパーツやギアにさす油がなかったので、とりあえずモーターやギア周辺を清掃しただけで組み立て直し今に至りますが、せっかくなのでいずれは何とかしたいと…。(^^;

そういえばこのモデルもスケールサイズが140分の1くらいなのか最近のモデルよりも大きめ仕様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です