マレーシアの祝日と学校休みの時期


マレーシア旅行のプランに祝日と休暇時期を頭にいれておかれたほうがいいでしょう。特に列車、バスを利用される方は休暇時期は知っておくことをお勧めします。更に下記の祝日の一口知識を参考にしてください。 注意! 半期の年度が違います。

最終更新 2017年1月

2017年前半の マレーシア全国にほぼ共通の祝日

月日
1月1日
1月28日と 29日
2月9日

5月1日
5月10日
6月3日
6月12日
6月25日と26日
名称元旦
旧正月
(農歴新年)
タイプサム
労働者の日
(メーデー)
ウエサクデー国王の誕生日Hari Nuzul Al-Quranハリラヤプアサ

注:元旦は休日ではない州が5州もあるので下記を参照のこと。タイプサムも全国的祝日ではありませんが、半島部西海岸の複数州で休日です。Hari Nuzul Al-Quranも全国的祝日ではないが、多くの州で祝日となる。

2017年後半の マレーシア全国にほぼ共通の祝日

月日
8月31日
9月1日
9月16日
9月21日
10月18日
12月1日
12月25日
名称
ナショナルデー
(独立記念日)
ハリラヤハジ
(Hari Raya Qurban)
マレーシアの日 アワルムハラム
(Maal Hijrah)
デーパーバリ ムハンマドの生誕日
Maulidur Rasul
クリスマス

一口情報:イスラム歴は太陰暦です、ただし閏月を用いません。 

各州に州独自の休日がある

全国共通の祝日に加えて各州ではそれぞれの州独自の祝日がいくらかあります。州独自の祝日はその州のスルタンの誕生日、州住民に関係の深い民族行事、イスラム教の祝日などで、各州年に3日、4日ぐらいある。
例:2月1日は連邦直轄領であるクアラルンプール、プトラジャヤ、ラブアンだけに適用される連邦直轄領の日です。サバ州は5月30日と31日の収穫祭 Tadau Kamatan、サラワク州は6月1日と2日の収穫祭 Gawai Dayak が州最大の祝祭です。
連邦政府の祝祭日は13日です、各州は加えて独自の州休日があります。
国と州の祝祭日合計
14日
15日
16日
17日
州名 連邦直轄領
(KLなど)
サバ州
サラワク州
パハン州
マラッカ州
クランタン州
ペナン州
など
ジョーホール州
ケダー州
ペルリス州
トレンガヌ州


多くの州は日曜休み

下記の4州を除いて、週の休日は日曜日で、公の機間は土曜日が半ドンとなり、第1と第3土曜日は休み。
祝日が週の休日に重なれば、その翌日が振替休日になる。

金曜日が週の休日である州は4つ

尚ランカウイ島のあるケダー州と東海岸のクランタン州とトレンガヌ州は、金曜日が1週間の休みの日です。ですから日曜日は平日です。州機関や学校だけでなく、私企業もほとんどが金曜日休みです。週休2日の場合は金曜土曜ということになる。
2014年からジョーホール州が金曜日休みの州に加わった、週休2日の場合は金曜土曜ということになるが、民間は土日休日を維持する。

学校の開始時期と休暇時期

学校カレンダー 2017年の第一学期と 2017年の第ニ学期

登校期間休暇期間登校期間
学期末休み
第一学期




4州を除く全州と
クアラルンプール
1月3日−3月17日 3月18日
−3月26日
3月27日−5月26日
5月27日
−6月11日
登校日数
11週間
1週間
9週間
2週間
第二学期 



学年末休み
4州を除く全州と
KualaLumpur
6月12日−8月25日 8月26日
−9月3日
9月4日−11月24日
11月25日
−1月1日
登校日数
11週間
1週間
12週間
5週間

注:上記のように金曜日休みの州は、このカレンダーの各日付より1日だけ早くなります。

参考:2003年10月14日の新聞記事から
教育省幹部は、祝祭時の一斉休暇はなくしたが、しかし祝祭期間中は学校毎に法定祝日に追加した学校休みを設けることはできます、と述べています。その方法は解説に基づけば、学校が代替授業の必要のない特別休暇として4日の休暇を設けるか、または代替授業を必要とする代休暇を申請することです。「華文小学校が旧正月時期に1週間の休暇を設けたければ、それを申請できます。しかしその分として複数の土曜日に代替授業をしなければなりません。」


2015年の特別措置: 教育大臣を兼任するムヒディン副首相は、半島部各地で起きた深刻な雨期被害を考慮して、小中学校の新学年度の開始を1週間遅らせると発表しました。従って金曜休みの州である、クランタン州、トレンガヌ州、ケダー州、ジョーホール州は1月11日開始となり、他の州は1月12日開始となる。


一般的傾向

マレーシアの2大祝日である旧正月とハリラヤ時期はいうまでもなく特にですが、学校休みの時期には長距離バスや鉄道の予約が入りにくなったり、ショッピングセンターなどで朝から子供の姿が目につくのです。もっともマレーシアは一般に都会の小学校は2部制ですので、普段でも午前部のクラスが終わる昼ごろには、生徒の姿が校外に現れます。
半島南部の州は、シンガポール人の訪問が多いので、シンガポールの学校休暇時期もある程度頭に入れておいた方がいいでしょう。




祝日の一口知識

元旦
1月1日新年は全国全ての州で祝日とまではなりません。この日が祝日でない州は、ペルリス、ケダー、ジョーホール、クランタン、トレンガヌの5州です。

旧正月(農歴新年)


連邦直轄領の日


Awal Muharramつまりイスラム歴の新年です。Muharram とはイスラム歴で12ある月の最初の月で、Awal とは始めという意味です。預言者ムハンマドがメッカからメジナへ移住した(Hijrah)西暦の622年がイスラム歴の紀元になります。2013年はイスラム歴 1434/35年です。

Hari Raya Haji、 なお Hari Raya Korban、または Hari Raya Aidil Adha とも呼称される

F1レースのマレーシアグランプリ開催

Wesak Day

マホメット (Prophet Muhammad) の生誕日

国王の誕生日

マレーシアメガセールカーニバル

8月31日 ナショナルデー ( Hari Kebangsaan)

9月16日 マレーシアの日 (Penubahan Malaysia)


中秋節

デーパーバリ

ハリラヤ・プアサ又はAidilfitri (アイディルフィトゥリ)ともいう

タイプサム 
ジョーホール州、ヌグリスンビラン州、ペラ州、ペナン州、スランゴール州の5州で祝日だった、加えて2008年から 連邦領つまりクアラルンプールとプトラジャヤも休日になりました。

Tadau Kaamatan  (Pesta Kaamatan)

Gawai Dayak  (Perayaan Hari Gawai Dayak)

Good Friday (聖金曜日)




祝日についてのひとこと

マレー人にも旧(中国)正月は連休の恩恵がありますが、ハリラヤのようにお祝いをするわけではありません。ヒンズー教徒のインド人なら1月のThaipsamがより待ちとおしいことでしょう。ただこのタイプサムは全国的祝日でなく、インド人が比較的多い州つまりジョーホール、ヌグリスンビラン、ペラ、ペナン、スランゴール州に限られています。さらに筆者も見落としていましたが1月1日も全国的祝日ではありません。クランタン州、トレンガヌ州、ケダー州など5州では平日なのです。

全国的祝日である旧正月もクランタン州とトレンガヌ州では他州の2日間と違って1日間だけです。全国的祝日のデーパバリはサバ州とラブアン島では平日です。
一方各州には州独自の休日があります。その多くはイスラム教に由縁した休日とその州のスルタンの誕生日です。それ以外には、2月1日の連邦直轄領の日のようにクアラルンプールとラブアン島だけの休日、マラッカ州の日4月15日、サバ州の収穫祭り5月30日と31日などがあります。
このようにマレーシアには全国一律の祝日と各州で独自に制定した州休日があるのです。宗教を異にした複数民族が共存し、各州特にイスラム教の守護者としてのスルタンの権力、地位を残しているマレーシアらしい面がここには見えますね。

カレンダー
旧(中国)正月に用いる太陰暦 (華人界では農歴と呼ばれる)と、ムスリムの世界で使われる太陰歴(ヒジュラ歴と呼ばれる)は同じではありません。ヒジュラ歴は1年が355日前後なので、太陽歴より速く進むことになり、太陽暦から見れば新年が一定しません。このため約35年かかってヒジュラ歴が太陽暦の元の日に戻ってくるといえます。
一方華人、中国人、ベトナム人などが用いる太陰歴は2年または3年に1回閏月を入れることで、正月が太陽暦の1月と2月つまり北半球の冬季から外れないようにしてあります。こうして同じ太陰暦でもこの2つの歴は違うのです。



断食月(ラマダン)

日の出から日の入りまで飲食物を口にしないという、ムスリムの行です。クアラルンプールやペナンやジョーホ−ルバルのような大都市では非ムスリム人口比が高いので、華人大衆食堂のような非ムスリム対象の飲食店には全く不自由はしません。華人大衆食堂では普段と全く変わらず商売して人々は飲み食いしています。つまり日本人ような非ムスリム外国人が飲食に困ることはありません。ホテル内レストランやファーストフード店はいうまでもなく通常営業です。

しかし東海岸のみならず、西海岸側のマレーカンポンやマレー町に一歩足を踏み入れれば、日中は全く飲食店が開いていませんし、雑貨食品屋も閉まっている場合が多いのです。そういう所では夕方早い時間から屋台を含めて飲食店は開店の準備をしますから、飲食品の買い物はできます。でもそういう店で物を買ってもその場で食べるのは常識としてすべきではありませんね。

日の入り30分ほど前には、どのマレー大衆食堂・屋台でもすでにテーブル一杯に客が座り、目の前に食事と飲み物を用意し終わって、断食終了の時間を待っています。これをマレーシア語で”ブカプアサ”と言います。そういう店では通常はラジオまたはテレビがかかっており、その中で放送されるブカプアサの合図とともに皆一斉に食べ始めます。朝暗いうちから始まる(1日の)長い断食時間の終りを待つムスリムにとって、これはまこと貴重な意味あるひとときに違いありません。



イスラム歴の一口知識

イスラム歴は30年周期です。1年は354日で毎月同じ日数、29.5日 の12ヶ月から成ります。30年の周期で11年に閏年があり、19年は普通の年です。閏年の時は、12月に閏日があります。